【クレジットカード ゴールドカード 普通の一般カードとの違い

クレジットカードのゴールドカードは普通の一般カードと何が違うの?

 

普通のカードに比べ、サービスのグレードが高く、ワンランク上のカードがゴールドカードです。

 

年会費は一般カードが無料〜2000円程度なのに対して、ゴールドカードの年会費は1万円前後の費用がかかります。この年会費用の価格差の元が取れるほどゴールドカードはいいのでしょうか?

 

今回はゴールドカードのいいところを簡単にまとめたので、一般カードとは何が違っていいのか確認していきましょう!

 

 

ゴールドカードの特徴・いいところ・メリット

 

まず利用限度額が違います。一般カードよりもゴールドカードの方がかなり多いです。

 

一般カードだと収入などが少なかったりすると10万・20万の利用限度額が普通にあったりしますが、ゴールドカードだと100万の利用限度額がついたり、カードの利用できる限度も大きく変わってきます。

 

またゴールドカードの主なサービスは、飛行機に乗る前後に休憩できるスペースの航空ラウンジが本来有料のところ無料または割引で利用できます。
航空ラウンジサービスが付いたクレジットカードはほとんどがゴールドカードです。

 

旅行保険についても一般カードよりもゴールドカードのほうが保障が手厚いものが多くなっています。
また、エアポート送迎サービスといって、空港と指定の場所とをタクシーで送迎してくれるサービスもあります。このサービスを利用する場合、ゴールドカードのほうが安く利用できるのです。

 

レストランやグルメの優待サービスがついているのもゴールドカードの特徴です。他にも、空港での荷物預かりサービスや、ホテルや旅館の優待特典、ゴルフ場の予約サービスなどがあります。

 

これらのゴールドカードのサービスはカード会社によって様々なので、自分の目的にマッチするサービスのあるゴールドカード探してみることをオススメします。

 

 

手厚いサービスの他に、ゴールドカードを持つメリットがもう一つあります。それは、ステータスが高いということです。

 

ゴールドカードは一定の審査に通らなければ発行されません。ゴールドカードを持っていることが、支払能力や社会的地位を表すことになるのです。

 

まとめ

 

ゴールドカードは年会費が一般カードよりも大きくかかりますが、利用限度額が大きかったり、空港ラウンジサービスをはじめとしたさまざまなお得なサービスを受ける事ができるようになっています。

 

ただカードを使うだけでなく、カードを持っているだけで割引や専用サービスを受けれたりすることができるのがゴールドカードのいいところです。

 

ゴールドカードは各カード会社によって、得られるサービスも異なってくるので、気になる場合は各会社のゴールドのサービス特典を見るようにしましょう!!